安全目標

安全目標と安全重点施策

輸送の安全目標(H29.4.1〜H30.3.31)

項目 具体的内容
事故件数 外部への事故報告を要するレベルのもの:0件
上記以外で車輌の修理に至ったもの  :1件以内

安全方針(毎朝全員で唱和)

安全運転5則(夏季)

安全なくして利益なし
安全なくして繁栄なし
交差点では徐行・一時停止・信号
安全確認を確実に!
高齢者ドライバー・横断歩行者を保護する
かもしれない運転で危険予測を怠らない

安全運転5則(冬季)

スピードは夏場より10キロ以上減速
車間距離は路面乾燥時の2倍以上
急加速・急ブレーキ・急ハンドル操作を避ける
視界不良時は前方をよく見て早めに徐行
危険がいっぱい追い越しはしない

輸送の安全重点施策(H29.4.1〜H30.3.31)

(1) 計画的な教育の実施
* 具体的計画はISO14001での活動に従う
* 教材はトラック協会が推奨するものを必ず盛り込む

(2) 事故発生時の臨時会議をタイムリーに実施→都度実施
* 毎朝出発前に声を出すことにより意識向上を図る。
  各グループ毎に安全面への誓いを話し合う。
  常に皆に周知する。(都度及び主に会議にて)
* 優良運転を表彰する

輸送の安全目標実施(H28.4.1〜H29.3.31)

項目 具体的内容
事故件数 外部への事故報告を要するレベルのもの:0件
上記以外で車輌の修理に至ったもの  :0件
ページトップ